20141114_1 イノシシやアナグマ等、鳥獣による農作物への被害が広がっています。志賀島の金印公園裏の農地でビワやミカンの生産をされている折居さんから、「被害の状況を見てくれ」との連絡があり、現地を見に行きました。折居さんのビワ畑の斜面にカブトムシの幼虫が多数おり、イノシシが餌として毎晩やってくるとのことです。自作の箱わなで今年はすでに五頭捕獲。ワイヤーメッシュ柵や電気柵も効果があるとのことですが、何らかの助成が必要です。博多湾に浮かぶの能古島も被害が増加しているそうです。対策を急がなければなりません。
20141114_2