20150521_1 海岸線の松林は防風林として、また都市緑地として重要な働きをしていますが、ここ数年松くい虫(マツノザイセンチュウ)により大きな被害が出ています。私の地 元奈多・雁ノ巣地区では、その被害を食い止めるため薬剤の地上散布に加え昨年からは無人ヘリコプターも活用し、防除作業が行われています。
この日は、早朝 5 時からの作業です。町内役員の皆さんと作業を見守りました。無人ヘリは松の頂上にスポット的に薬剤が撒かれるので有人ヘリに比べ有効的です。効果が期待されます。
ヘリといえば、ドローンとオスプレイが問題になっています。ドローンは規制強化の動きが急ですが、事故が多発し欠陥が指摘されているオスプレイへの政府の規制の動きは全くなく、それどころか国内の配備が加速しています。朝鮮半島の山並みを想定しての低空飛行訓練の問題もあります。民意無視の政府の姿勢は問題です。

20150521_2

20150521_3