今年も、原水禁福岡地区実行委員会による「非核・平和行進 出発式」(博多区冷泉公園)に参加しました。7月7日、核兵器禁止条約が122カ国の賛成で採択されました。条約は核兵器使用や開発、生産、保有、実験に加え「使用の威嚇」も禁止しています。世界は核兵器の違法化に動き出しました。しかし、唯一の戦争被爆国である日本の政府は、核保有国と非核兵器保有国との橋渡し役の役割ができなくなるとの理由から交渉会議から不参加を表明しています。国内外から批判の声があがっています。禁止条約の実効性を高めるためにも、唯一の戦争被爆国である日本が条約を批准し、核兵器廃絶の先頭に立つべきと市民にアピールしました。