水産業審議会 連合街宣福岡市水産業振興審議会(会場:鮮魚市場市場会館)に出席。2017年度から5か年間を計画期間とする第10次水産業総合計画策定に向け、現行の総合計画の総括が行われました。漁業後継者の確保と育成のためにも博多湾の漁場環境の保全とアサリやクルマエビ、ワカメ等の栽培漁業の推進は欠かせません。

夕方は、連合福岡・福岡地域協議会のみなさんとともにJR博多駅筑紫口で「全国一斉集中労働相談ダイヤル」の周知を図る街宣行動に参加しました。福岡県労働者支援事務所には毎年一万件を越す労働契約や賃金、セクハラ・パワハラ等の労働相談が寄せられています。連合は全労働者の4割に達したパートやアルバイト、契約・派遣等で働く人たちのための「労働相談ホットライン」を設置し、専門の相談員が対応しています。ブラック企業やブラックバイトが社会問題化する中、事業者のワークルールの順守が求められています。