視察3日目は、富山市山田地区(市内中心部より30キロ)にある牛岳温泉植物工場の視察。富山市では、環境未来都市プロジェクトとして、高齢化や過疎化が進む山田地区に植物栽培工場を整備し、アレルギー疾患や生活習慣病の改善効果が期待されているエゴマを温泉熱や太陽光の自然エネルギーを活用して栽培が進められています。現在、8人の障がい者を含め11人の雇用が生まれています。今後、耕作放棄地を基盤整備しエゴマの大規模露地栽培も計画され高齢者の働く場の提供や生きがいづくり、新たな産業振興・地域活性化を図るとされています。福岡市では市内産農畜産物を使用した加工品を「ふくおかさん家(産地)のお気に入り」商品として17商品を発売しています。まだまだ認知度が低いので販売促進の支援とさらなる加工品開発を支援していく必要があります。視察終了後、近くの温泉センターで土産エゴマドレッシングとエゴマ味噌を購入しました。
13882250_613194272175018_7155604341362705974_n

13920801_613194278841684_1789839838519085205_n

13892042_613194308841681_5580785770856759131_n

13912403_613194318841680_1064742408668563510_n