福岡市中央区の友泉中学校で行われた「玄海うまかもん食育事業」を参観しました。この事業は地産地消と食育の推進を図る事業の一つで、この日は1年生の生徒たちが志賀島漁協女性部の皆さんの指導のもと、鯵のムニエルとお吸物の料理に挑戦しました。ほとんどの生徒が魚をさばくのが初体験です。魚と包丁に集中しながら真剣な表情で三枚おろしに取り組んでいました。「緊張したけど楽しかった」「家でもやってみよう」等の声が多く聞かれました。全ての学校の生徒が経験できるよう事業費の増額を求めていきます。