「マリンワールド海の中道」で行われた「全国豊かな海づくり大会福岡大会」リレー放流に来賓参加しました。博多湾、玄界灘で漁をする地元漁師さんやふたば幼稚園(志賀島)の園児も参加し、みんなでカサゴの稚魚を博多湾に放流しました。
沿岸漁業の主要漁場である博多湾は、かつては栄養塩が豊富で多くの稚魚が生まれ育つ豊かな海でした。しかし、藻場や干潟の減少や都市化に伴う河川からのゴミ流入の増加、湾の底質の悪化などにより魚介類の生育環境は悪化し続けています。魚のエサ場となる藻場の造成と保全活動、海底ゴミ対策等、博多湾の環境改善施策を継続し、「瀬戸内生まれ」の里海づくりを推進していかなければなりません。