大学卒業後、奨学金返済に追われている若者が多数います。学生ローン化している現行の奨学金制度を見直さなければなりません。わが国の学費は世界で最も高い水準となっており、負担できる家庭もそう多くなく、大学生の2人に1人が何らかの奨学金を利用し大学・短大等で学んでいます。将来の奨学金の返済を考え、学びたくても進学を諦める若者も増えています。晴れて卒業して後には奨学金の返済が待っており、希望を持って大学に入学した若者が、卒業後には数百万円の借金を背負い、奨学金返済に追われ、結婚や出産、子育てなどの将来の生活設計に大きく影響しています。学生ローン化している現行の奨学金制度を見直し、給付型奨学金の創設を求め、市民に訴えました。