180人を超える方々の参加のもと福岡リーセントホテルにて市政報告会を開催しました。
ご多用な中、参加いただいたことに、感謝申し上げます。
報告会では、昨年やっと成立した「子どもの貧困対策推進法」を受けての福岡市の施策や若者の就労支援のあり方、
そして人口が150万人を超えた福岡市の課題(30万人を超えた東区の課題も)を中心に、
これまでの議会での質問・討論を交えて報告させていただきました。
また、会の前段には、松尾祐作後援会長はじめ
 新村雅彦県議会議員(福岡県民主教育政治連盟代表)、
 高田保男市議会議員・池田良子市議会議員(社民・市政クラブ福岡市議団)、
 保田哲行様(連合福岡地域協議会議長)、
 安部重徳様(奈多自治会会長)
に激励の言葉をいただきました。
ご期待に応えるべく、さらにがんばらなければと決意をあらたにしたところです。
さらには、山口裕之さん(福岡教育文化研究所)に人権・子育て・命をテーマに語りを交えて
 「オカリナ笛説法ミニコンサート~歌い継がれるメロディ、いのちのうた~」
を開いていただきました。
会場の皆さんも共感されたと思います。
今回の報告会も反省すべき点は多々ありましたが、スタッフの皆さんのお蔭で無事終えることができました。
これからも、毎月1回のペースで公民館や集会所等にて、報告会や懇談会等を開いていく予定にしています。
福岡市政へのご要望・ご意見お聞かせ下さい。
*ホームページやチラシ等でお知らせします。
20140222blog1.jpg
20140222blog2.jpg
20140222blog3.jpg
20140222blog4.jpg