平和・人権・環境福岡県フォーラム(代表:梶原正実)主催の
「被災3年!1000万人アクション 福島と連帯!3・11さようなら原発福岡県集会」
が、都久志会館で開かれました。
東京電力福島第一原発が建つ福島県双葉町の井戸川前町長が「放射能に占領された町」として講演。
2年前に見た双葉町や大熊町、広野町、飯舘村などの町並みや山野を思い出しながら井戸川さんの苦渋に満ちた講演を聞きました。
「原子力安全保安院や東電幹部は『絶対に事故は起こさない』と言ってきた。事故はそれを予防することに投資しなかった東電の責任であり、これは人災である」と。
さらに当時の緊迫した町の様子や混乱した町現場の状況を交えながら、
「私たちは原発に未来をなくされた。原発は未来のエネルギーではなく、過去のエネルギー。今政府は再稼働を急いでいる。そんなに急いで双葉町のようになりたいですか」
と参加者に訴えました。
「一企業が自治体を滅ぼすなどということが許されていいのか!」
という言葉に、放射線から町民を守らねばならない町長の決意と悔しさがあふれていました。
今、原発事故は東北地方の一地域の事故であり、経済発展のためには原発は必要だ、という空気が強められています。
原発再稼働の動きも強くなっています。
人間がコントロールできない巨大マシンを地震多発日本列島で動かしていいのか、放射性破棄物の処理体制は可能なのか、万全な実効ある避難体制は確立できているのか、そして何よりも事故の原因は何だったのか、改めて問わなければなりません。
20140311blog1.jpg 20140311blog2.jpg